あなたの街の労働問題の専門家をご紹介する総合サイト

社労士専門ネット

業務委託するメリット

○企業経営に専念できる

社会の変化に伴い、労働・社会保険関係諸法令の改正がたびたび行なわれています。その内容は複雑で、より専門的になってきているため、諸事情に精通していないと、業務への適切な対応は困難です。社会保険労務士に業務を任せることによって正確、迅速に処理されるため、労働・社会保険の複雑な手続きから開放され、企業経営に専念することができます。

○事務手続き改善と時間の節約

社会保険労務士は労働・社会保険の加入、各種給付金、助成金の請求、帳簿書類の作成や行政機関への提出など労働・社会保険の事務手続きなどの業務を、正確かつ迅速に処理します。正確な処理は企業のリスク管理につながります。そして、迅速な対応は他の事務処理の効率化にもつながります。

○無駄の削減と業務の効率化

人事・労務管理業務は複雑で専門知識が必要です。顧問契約をして継続的に業務に関わっている場合は長期間にわたり企業の労務管理にあたるため、人事・労務管理の専門スタッフを育成するより、業務全体の無駄を省け効率化が期待できます。事業主は、労働・社会保険担当の事務員を配属する必要がなく、経費の削減にもつながります。

○情報の保護

労働社会保険関係の手続きでは、多くの個人情報を扱います。その情報には賃金額など、万が一漏洩した場合、大きな問題となるものも少なくありません。社会保険労務士は国家資格者であり、業務上知り得た事実を他人に漏らした場合、法律により処罰されるといった守秘義務が課せられていますので、安心して業務を任せることができます。

○経営の円滑化

企業経営に必要な法改正や労務管理全般に関する最新情報を、社会保険労務士が的確に入手することによって、機会損失のリスクも回避できます。そのため、企業にとってより有利な各種給付金や助成金が利用できるので、経営の円滑化につながります。

○人事・労務管理の適切なアドバイス

様々な企業分野で、労働条件の改善、賃金、人事制度の見直しが行なわれ、かつ業務の効率化が問われています。その中で必要とされるのは専門知識を元にした発想力です。 社会保険労務士は人事・労務管理全般に関するコンサルタントとして、企業へ的確なアドバイスを行なうことで、経営をサポートします。

今すぐ専門家を探す

労働問題に強い専門家をPICK UP!!

労働問題に強い専門家を「社労士専門ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 Q&A QRコード