社会保険労務士とは

○社会保険労務士の定義

社会保険労務士制度は、労働保険・社会保険に関する法令の円滑な実施を図り、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上を目的とした社会保険労務士法により定められています。
社会保険労務士とは、労務管理全般の専門家として社会保険労務士法に基づき登録された国家資格者のことを言います。毎年1回、厚生労働省が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ2年以上の実務経験のある者が、社会保険労務士連合会の名簿に登録される者として定められています。

主に労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類、申請書等の作成及び届出の業務、労務管理全般に関する相談指導業務などを行ないます。

○社会保険労務士の役割

社会保険労務士の業務は、企業の健全な発展・労働者の福祉の向上、また個別労働関係紛争の未然防止や解決を目的として、多岐にわたっています。
社会保険労務士は、企業経営の要素(人材・商品・資金・情報)のうち、人材の採用から退職までの労働・社会保険に関する問題、人事・労務管理など、さらに年金や生活設計相談に応じる専門家です。労働条件の改善は、企業の発展につながります。

労働社会保険関係の手続や給与等の計算は複雑で手間がかかるため、企業にとっては大きな負担となります。専門的な知識を持つ社会保険労務士は、このような手続きを正確、迅速に行います。また、社会保険労務士は年金に関しても専門家です。企業の顧問的な役割を果たしながら 実務を提供することの多かった社会保険労務士ですが、労働者に対して、どの年金が、いつから、いくら支給され、どのような手続が必要なのかといった相談や年金の手続きの代行などを行う機会が増えることが予想されます。

○特定社会保険労務士とは

労働問題や人事労務の専門家である社会保険労務士のうち、紛争解決手続代理業務に関する研修を修了し、かつ紛争解決手続代理業務試験に合格した方のことを言います。職場の労働問題などのトラブルに関し、裁判になる前に経営者や労働者の裁判外紛争解決の手続を代行し、労働関係紛争の解決を図ります。

今すぐ専門家を探す

労働問題に強い専門家をPICK UP!!

労働問題に強い専門家を「社労士専門ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 Q&A QRコード